2013年度 第2回  ほっかいどうピーストレード連続講座報告

「甘酸っぱくてほろ苦い・・マウベシ珈琲物語」

 

フェアトレード&オーガニックの「東ティモール・マウベシ珈琲」をご存知ですか?
ほっかいどうピーストレードでは、2002年に東ティモールが独立して以来、コーヒー生産者とともに
地域の諸問題や貧困解決にむけて活動しているパルシックを通して、生豆を購入し、独自に焙煎し、
「東ティモール・マウベシ珈琲」として販売して6回目の冬を迎えようとしています。
首都は近代化しつつある東ティモールですが、地方との格差は広がり、コーヒー生産者への支援はまだ
まだ必要です。
今年も東ティモールへ行きコーヒー生産者と交流してきた荒井久代が、美味しくほろ苦い、肌で感じた
報告を行いました。

 

1.東ティモール・コーヒー生産者を訪ねて
お話:荒井久代(ソーシャルワーカー/ほっかいどうピーストレード理事)

 

2.東ティモール農村女性の起業・ハーブティー飲み比べ

 

  ■ と き:10月5日(土)18時30から20時まで
■ ところ:ほっかいどうピーストレード事務所(これからや 2F)
(札幌市白石区菊水3条1丁目6-12 TEL/FAX 011-812-4377)
■ 参加費:500円(東ティモール飲み物付き/資料代)
※会員は無料
■ 協 力:環境友好雑貨店 これからや

 


 

▼クリックするとご覧になれます。

 

2013「東ティモール・フェアトレードコーヒー生産者を訪ねる旅」報告
※PDFファイル
http://www13.atwiki.jp/hptrade?cmd=upload&act=open&pageid=61&file=et2013.pdf