ほっかいどうピース・トレードについて

5月 28, 2018

NPO法人ほっかいどうピースト・レード(以下ピース・トレードに略)は2007年にたちあげ、2008年より独自に焙煎し北海道ブランドのフェアトレードコーヒーとして「東ティモール・マウベシコーヒー」の販売を始めました。小さな団体ですので、コンテナいっぱいのコーヒーを買い取ることができません。独立直後から東ティモールに緊急支援にはいりコーヒー事業を行うパルシックに相乗りしての事業です。

コーヒー、紅茶の販売のほか、フェアトレードについて、東ティモールやコーヒーについて、経済格差、平和などをテーマに講座や映画会を行っています。毎年はできませんがスタディツアーを行ったり、直接に生産地にいくことで、地域と地域を繋ぐ人と人のつながりを強くしたいと思っています。東ティモールのコーヒーから世界のことを考え、自分の暮らしを考え、公正と平等について考えます。フェアトレードは公正な貿易ということですが、漠然としたお話ではなく、貿易全体のこともコーヒーやカカオなどフェアトレードに取り組みながら具体的に考えていきます。
そして、なによりコーヒーや紅茶、チョコが購入しやすく、美味しい!っていうことも大事にしたいです。
マウベシコーヒーの販売店、マウベシコーヒーが飲めるお店がすこしづつ増えています。ぜひ出会ってください。

ピース・トレードはボランティアで運営されています。短時間でもお手伝いしてくださる方を随時募集しています。
ピース・トレードについてくわしくは2013年発行ブックレット「北海道発のフェアトレード」をお読みください。全てではありませんが、北海道内公立図書館に置いてあります。

Posted by higashi